スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
パソコンクラッシュ
- 2008/06/30(Mon) -
  タイトルである。不具合がおこったのは先週の火曜日、同週の金曜日
 までの4日間、ビジネスがほとんど前へ進まなかったといっていい。
 単にバックアップをとっておけばすんだ話には違いないけれど、
 このことは、経営的には「情報リテラシー」(早い話がコンピュータ
 知識とビジネス知識を併せ持つこと)の認識の甘さによる機会損失
 を意味し、個人的にはそれによって持たされるストレス・精神的ダメージ
 の大きさを肝に銘じておくべき事と悟った。
  今後 IT はより個人レベルに移行する。PC の不具合に対する素早い
 処理能力も最低限必要とされる時代となるのだろう。

200807010900000_convert_20080701090649.jpg
 ハードディスクには「物理故障」と「論理故障」なるものがあるそうで、今回のケース
は両方に関わっている可能性があるといわれ症状から販売店のサポートセンター
では修理不可能と判断。秋葉原にあるデータ復旧専門の会社に持ち込み事なき
を得た。HDD 自体は使いものにならなくなったがデータは何とかDVD に回復、
しめて約13GB の分身のご帰還。
 4日間の“狂騒曲”は余りにも長かった。Catch Up しなくては。
スポンサーサイト
この記事のURL | 名称未設定_1 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
All about him
- 2008/06/22(Sun) -
蝗ウ1_convert_20080623090436
 つい先日、東京・JR 田町駅前で大学時代の同級生 T に偶然会った。
歯医者に行く途中と言っていたが、彼とはいろんなオモシロ接点があるなあ。
そういえば、彼の会社の野球部に属し週末や仕事後に色々な会社と試合を
していた時期があったが、いつのまにかフェイドアウトになった。
 これは T が、何らかで壊した肩を補うため、走者を封殺する魔球をあみだし
(誰も見たことないけど)草野球界を追われたか、もしくは「背番号1」を死守した
私への嫉妬心からだろう。
(写真は永久欠番となった私のユニフォーム)


200806210904000_convert_20080623091422.jpg T のライフワーク、釣りは相当なもので、そのあたりは自身のブログ
 FISH IT に詳しい。
 だが、エサ釣りをめっきり止めてしまったのは、以前キス釣り大会で
 私に優勝をさらわれたショックが尾を引いているからだと思われる。
 (写真はそのときの優勝賞品。なぜイワナなのかいまだにわからない)

 しかし、誰にも封印したい過去の1つや2つ・・や3つや4つあるものだ。
 やはり、ここだけの話にしておいた方がいいだろう。

何でも最近はボクシングジムに通い始めたらしい。ボクササイズが目的とは言っているが、対戦相手に難クセをつけなかなかリングに上がらない。これは多分、空腹に耐え切れず夜中、多摩川土手に現れる屋台のうどんを食べ続け体重がリミットまで落ちないせいだな、きっと。
この記事のURL | 名称未設定_1 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
There will be an answer
- 2008/06/18(Wed) -
図1 
 “And in the end, the love you take, is equal to the love, you make”
   (そして最後に。君が得られる愛は君が与える愛に等しい)
 
 言わずと知れたビートルズの実質的ラストアルバム 「 ABBEY ROAD 」 の
 最後の最後でポール・マッカートニーが放った一節。
 
 「結局のところ、人に与えた分だけ愛は返ってくる」と、人としてあるべき道を
 説いたようなこの歌詞は、本人がそこまで意識して書いたかどうかは
 ともかく哲学的重みをもつ。最も好きで崇拝する歌詞としてこの句を
 挙げるロックミュ-ジシャンも数多くいると何かの書で読んだことがある。



この時期のマッカートニーといえば、なるがままに、長く曲がりくねった道を
あちこち迷い歩いていたはずだけれど、辿り着いた答えはなんとも達観的。
世の矛盾、不条理さに出会ったときは、私もこの言葉を思い起こすように
しているのであります。

唐突にこの話題に触れたのは、今日はポールの誕生日
(朝のJ-WAVEで知った)だったから。
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
The first starring
- 2008/06/14(Sat) -

 映画館での邦画鑑賞は久しぶり。(「硫黄島からの手紙」はハリウッド資本だから除外)
銀座CINE SWITCHで観たのは橋口亮輔監督作品 「ぐるりのこと」。
 タイトルが示すようにある夫婦とふたりを取り巻く人たちの愛にフォーカスしたドラマ。
感動的なショットや技巧を凝らした派手な演出はなくストーリーは淡々と進行していく。
作品のテーマからしてこれで充分、人肌感じるいい映画だった。

 正直なところ、DVDレンタルを待たずに劇場まで足を運んだのは木村多江さん
初の主演作品だったから。少し影のあるとても好きな女優のひとり。
自身も「日本一死体役が似合う女優になりたい」と語っている。
イメージにはとらわれず更なる大女優になって下さい、お願いします。
この記事のURL | 名称未設定_1 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
History repeats itself
- 2008/06/11(Wed) -
 6月2日より「週刊東洋経済」で始まった本田雅一さんの連載が衝撃だ。
ようやく決着のついた次世代DVD覇権争いの真相を “クラークの法則” をなぞって明らかにしている。
“クラークの法則” とは、今年3月、90歳で亡くなった『2001年宇宙の旅』などの作品で知られる
SF作家アーサー・クラークの定義した以下の3法則

 1.高名なベテラン科学者が実現可能と判断した場合、その主張はほぼ間違いない。
   しかし、不可能であると判断した場合、その主張はまず間違っている。
 2.可能性の限界を測る唯一の方法は、不可能であるとされることまでやってみることである。
 3.充分に発達した科学技術は、魔法と見分けがつかない。


実は先月、筆者の方とは一緒に仕事をさせていただきその時サワリを少し聞いていた。記事は、東芝の推進した「HD DVD」が規格争いに敗れた本質はクラークの第1、3法則だけで言い表すことができるとたとえられている。この偉大なSF作家が世の多くの技術者たちに対して教訓を残したことの証左でもある。ユーザーにしてみれば、80年代にVHSとベータの規格戦争での教訓(消費者を無視した互換性のない規格分裂は避けるべきということ)は活かされなかったということか。

この短期集中連載の見出しは “ 悲劇は2度繰り返す ”
この記事のURL | 名称未設定_1 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Ladies and “ Ladies ”
- 2008/06/09(Mon) -
 トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団は、クラシック・バレエの名作を、
 誰もが気軽に楽しめるバレエとしてパロディー化した元祖男性コミックバレエ。
 1974年ニューヨークでの旗揚げ以降世界を巡り、今月6日からは24回目の
 ジャパン・ツアー。1982年の初来日以来600回を超える笑劇の公演、
 通算動員数は100万人に達する。


 単なる女装バレエと笑うことなかれ、
 高度なバレエテクニックとウィットにとんだジョークてんこもり、
 バレエとしてコメディとして完成されたザッツ・エンタテインメント。


 しかし、まあ彼(彼女)らの美しいこと、胸毛以外は。
 東京・TOWER RECORDS 新宿店イベントスペースでのトークショーに潜入(?)
 女の人ってこういうの好きねえ(笑)
この記事のURL | 名称未設定_1 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
かもめの玉子
- 2008/06/04(Wed) -

 社のスタッフが、都内で行われたある企業のセミナーで
 もらってきた三陸の銘菓 「かもめの玉子」。
 岩手土産の定番として有名で、コンビニでは「ミニかもめの玉子」
 も売られているらしい。
 
 
 昔、CM の中で杉村春子がよくしゃべる
 「ひよこ」は知っていたけど
 これは知らなかった。 



白餡をカステラ生地で包んで焼いてあり、周りをホワイトチョコレートでコーティング。
おいしい。けど、最近のセミナーは変わったもんを土産に出すなあ。
この記事のURL | 名称未設定_1 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
みんなのケイバ
- 2008/06/01(Sun) -
 本日は競馬の祭典「東京優駿」(日本ダービー)。一着は一番人気ディープスカイ、
騎手・四位は昨年騎乗のウォッカに続いてダービー連覇。お見事!
JRA・PAT 会員でなので馬券購入はいつも携帯電話。便利と同時に GI ともなると
知人から頼まれることもしばしば。「寝坊したー」と言ってドタンバに連絡をしてくる
取引先の S さん (どーゆー生活してんだ?) 「勤務中で買いにいけなくて・・・」とは
知り合いの看護師 A さん (仕事大丈夫?)
 ギャンブルも節度をもってすればレクリエーション、みんなで予想しあうのも楽しいもんです。
「競馬で絶対に負けない方法、それは競馬をやらないこと」 「負けたら100通りの言い訳が出来る」 等々は競馬の格言、常套句。馬連で勝負したけど、これで本日の勝敗はお分かりだと思います。
前述 S さんからは 「秋まで競馬止めた」 とのメールがあった。
 (最終12R 目黒記念でリベンジ!今日はこれでよしとしよ)
この記事のURL | 名称未設定_1 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。