スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
続・サミット
- 2009/03/25(Wed) -
 Y さん、K さんとの定例の会。昨年末の時は幹事(ワタシ)がさぼっていた為、間隔がかなり空いてしまっていたけど今回は
律儀な Y さん、インターバルを守っての催し。時節柄 WBC 勝利の歓喜以外で予想通りだったお二人の近況は、先日の2大
ギタリスト(ベック&クラプトン)の来日公演にそれぞれ行かれていた事。Y さんはご自身もバンドを組まれていて時折都内の
ライブスポットに出没している。また、お二人とも当ブログをたまに訪れて下さっているようで必然と私の近況報告にもなって
いるようだ。そこから発展・判明した K さんのお話をひとつふたつ。
 ① 3/3付ラジオのネタについて ~ ニッポン放送タイムテーブルに記載
されているある DJ は K さん勤務の出版社にいらっしゃる私のよく知る方のお兄様だった。
 ② 2/2付パティ・ボイドのネタについて ~ 本書には書かれていないパティの不倫相手。この第三の男は近く自身の伝記を上梓するそうなのでここで新たな真相が明らかに?(同版元から発売予定、Kさん、また是非)
 今宵は末広町にあるとてもしゃれた洋食屋での集い、よってシメは赤ワインとカツサンド(これがほんとに旨い!) この宴もかれこれ9回目、会の名前もそろそろ考えなくちゃなー。Y さん、D 組なんてどお?(笑)

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
My favorite
- 2009/03/20(Fri) -
  3連休初日、東京地方雨後晴れ。ジョー・サンプル&ランディ・クロフォード
 の公演を観に渋谷オーチャードホールへ。来日メンバーは他にスティーヴ・
 ガッド(ds)とジョーの息子ニック・サンプル(b)の文句なしのユニット。
  フュージョンは自分の中ではロックを卒業しはじめた頃最も聴いたジャン
 ル。70年代後半台頭してきた頃は多ジャンルの融合(クロスオーバー)な
 どとも呼ばれ最先端の音楽ともてはやされていたけれど一部には「ただの
 テクニックの競い合い」とか「耳あたりがいいだけのフニャフニャ音楽」だの
 揶揄されていたっけ。

IMG_0654_con.jpg まあ不毛な論争はさておき、ショーは一流プレイヤーの集まりに見合う素晴らしい演奏だった。個々の曲についていえばイントロ直ぐに拍手が沸いたのは「Rainbow Seeker」からの名曲「Melodies of Love」 そして一番盛り上がったのはやはりクルセイダーズ時代のあのヒット曲。やはり思いは皆同じなんだなとしばし感激、欲を言えばホールよりもブルーノートやビルボードで観たかったなぁ。
 コンサートは友人3人と楽しんだけれど久しぶりの面々もいてこちらの集まりもいい時を過ごせた。ちょっとご無沙汰の N は相変わらずかましてくれた(笑)。入場直前にチケットを忘れたことに気付き家へ取りに戻り会場に着くこと開演1時間後、休日の文化村通り2往復はキツかっただろうなあ。「Street Life」には間に合ってよかったね。
 
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春談
- 2009/03/17(Tue) -
  大酒をくらい転倒し骨折、後即入院。
 という学生時代の友人を見舞いに東京・文京区 N 病院へ。知らせ
を聞いた時には驚いたけれど本日元気な姿にひとまず安心(右腕は
固定されていたけど本人はスタスタ歩いてロビーでコーヒーを飲みな
がらでの面会)
 曰く、肩周辺の打ち所が悪く手術が必要でリハビリ含め退院まで1ヶ
月を要するとのこと。ただ入院患者の方には申し訳ないけど整形外科
の病室は見た目は悲惨ながら雰囲気にそれほど深刻さがないのは
救い、パソコンや(建前上は禁止だけど)携帯もありだし。
 とにかく災難だったが大事に至らなくて良かったな。まあ今年の桜
は病室からの眺めになりそうだけれど(笑)
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Every dog has his day
- 2009/03/13(Fri) -
  東京・銀座中央通りにあるビクター新橋ビルが売却される。(売却先は
 知らないけれど国内の会社へ40億円程度だそう)この会社に特別な思
 い入れがあるわけではないけれど(失礼)1F ショールームにいるマス
 コット犬(ニッパー)に会えなくなるのがちょっと残念。
  このニッパーの生い立ちは「忠犬ハチ公」と同様に感動的美談として
 知られている。ニッパーはイギリスの画家フランシス・バラウドの兄マー
 ク・H・バラウドが可愛がっていた犬だったが、彼が世を去ったためフラン
 シスがひきとり育てた。たまたま家にあった蓄音器で、かつて吹き込ま
 れていた兄の声を聞かせたところ、ニッパーはラッパの前で耳を傾けて
 なつかしい主人の声に聞き入っていた。

IMG_0212_con.jpg その姿に心を打たれたフランシスが一枚の絵を描き上げたのが1889年、そして「HIS MASTER'S VOICE(ご主人様の声)」とタイトルをつけた(CD ショップの HMV はこの略)
 亡き主人の声を聞いているニッパーの可憐な姿は、円盤式蓄音器の発明者ベルリナーを感動させ彼はこの名画をそのまま商標として1900年に登録、以来このマークはビクター商品に記されることとなった。

 売却に先立ちショールームは先月いっぱいで閉館された。ウィンドウには足跡がたくさんディスプレイされていて愉快だったっけなぁ。どこかの
悪ふざけ CM 犬 とは重みが違うのだ。


この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Exciting night
- 2009/03/09(Mon) -
  今、日本中が注目するスポーツ、プロボクシング国内ノンタイトル戦!
 昨年11月以来の後楽園ホールでのボクシング観戦は、前回同様友人
 がトレーニングに通うジム所属2選手のファイトがお目当て。
  その一人バンタム級福田勇輝選手(写真・左)は3Rにカウンターを
 くらい不覚にもダウンを喫したがその後の反撃で判定ドロー。続くSバン
 タム級平山悦久選手は残念ながら3-0の判定負け、両選手とも次回に
 期待したいところだ。
  もうひとつ注目の一戦はこれも前回に引き続き元世界チャンピオン
 輪島功一の息子大千選手(下写真・右)。現在まで2戦2勝(2KO)と
 今夜も豪快なKO勝ちを期待したが相手の固いガードを崩せずに判定
 
IMG_0619_con.jpgでの勝利、今日は親父さんもセコンドに付いていたけど今ひとつの内容。将来世界チャンピオンになるだろう選手はすでにこの時点で突出して
いるはず、はやくそういうファイターに巡り合いたいものだ。
 試合会場にはWBC世界フライ級チャンピオン内藤選手の姿もみえ、
ファンのサイン攻めと写真撮影に応じていた。また同選手の所属ジム
宮田会長が私の前列の観客席にいる関係者と話をするためか2度ほど
前を横切った。(丁重な挨拶をされえらく礼儀正しい人だなあ)
 かくして本日、東京・水道橋の夜は熱く燃えた。今夜はお隣、東京ドーム
ではWBC(ワールドベースボールクラシック)の1次ラウンド1位決定戦
(日本VS韓国)も人知れず行われていたことも書いておこ。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Added value
- 2009/03/06(Fri) -
  オフィスグリコなるサービスはご存知で?
 グリコの職場専用サービスでお菓子が入った専用ボックスを
 オフィスに置いていってくれて、各人はそれぞれ欲しい時に100円
 を代金箱に入れて商品を取り出す。
  設置費その他は一切無料、定期的にサービススタッフがメンテナ
 ンス(商品の入れ替え、代金の回収)に来てくれ、中身のリクエスト
 にも応じてくれる。すべて税込100円で、コンビニで買うより安いし、
 夏はアイスクリームもありで、小腹が空いた時にはなかなか便利。
  (我が社の場合、チョコレートがよく売れる)

IMG_0598_con.jpg

 ところがウォーターサーバーやコーヒーサービスと同じくオフィス周り
のビジネスも競争が激しいようでここにも最近ライバルが出現。
 某社が一部の商品を50円でも買える同様のサービスを始めた。今日
来てくれたグリコレディと当チラシを見ながら話したけれど既に両方を
置いてあるオフィスもあるとか。
 「価格で奪った顧客は価格で奪われる」との商売の鉄則がある。安い
にこしたことはないのは確かだけれど価格以外何の目新しさもない後発
ものにはなんかひっかかるなあ。何だか知らないけどカエルがんばれ。
 
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Video Killed The Radio Star
- 2009/03/03(Tue) -
  今日、3月3日は耳の日に因んで「民放ラジオの日」なんだそうだ。
 現在ラジオの聴取率は下降の一途で特に若年層に著しく、民放101
 社が若者向けにキャンペーンをはっている。
  ラジオはマスでありながらパーソナルメディアといわれる。自分だ
 けに話しかけてくれるような親近性があるし、CPM(1000人当たりの
 広告費)も最も安い。青春時代の通過儀礼だったけれどなあ・・。
  
  ニッポン放送が面白い。開局55周年ということでリスナーが選ぶ
 歴代人気番組ベスト100を発表したり、また人気番組が復活したり、
 当時の若者(ワタシもか)で楽しんだ人は多かったのでは?

 まあAMといえば皆、深夜放送について話が尽きないところだろうけれど個人的には “そらまめ” こと滝良子の全日空ミュージックスカイホリデーの一夜限り復活生放送(3時間)が懐かしかった。故ロイ・ジェームスの軽快なしゃべりも秀逸だった。ついでに文化放送もやってくれないかな。 “レモンちゃん” も素敵だったぞ、いつからヤマンバになっちゃったかは知らないけど(笑)
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。