スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Breakfast
- 2009/08/29(Sat) -
 久しぶりデニーズのモーニングセット。同店のメニューでは一番
おいしいのは結局これ、ことば以上(以下)の意味はなしでして・・。

 スクランブルエッグは生クリーム入りの卵液を湯煎にかけて火を
通すと、直火よりたんぱく質がゆっくり乾かずに固まるのでトロトロ
になるそうだ。加えて一流ホテルでは当然黄身の濃い上等なもの
を使っているだろうから、家では似て非なるものになるわけだ(笑)
 また、火に掛けたフライパンに卵を流し入れしばらくしてからゆっ
くりと折りたたむように卵を混ぜる、NYタイムズで「世界一の朝食」
と絶賛されたビル・グレンジャーの作り方は、偶然の産物だったと
いう。概して和食派だけれど卵料理だけは洋食に軍配。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Often, DVD
- 2009/08/26(Wed) -
  出演しているアントン・イェルチンがターミネーター4で有名になったおかげで DVD 
 でリリースされた2005年製作劇場日本未公開作品。少年時代の忘れられない心の
 しこりを家族へ打ち明け過去の自分に再会しにいくという物語。Xファイルのデビッド・
 ドゥカヴニー(主演も兼ねている)の初監督作品で、ニューヨークを舞台に多感な少
 年期を、淡~い70年代の雰囲気たっぷりに描いてくれる佳作、流れる数々の曲も
 Good 。 
  41歳と70歳を超えた傷害者演じる、ロビン・ウイリアムスも流石だけれど、この
 映画で印象的だったのは刑務所の女神「レディ」を演じた大御所R&Bシンガー、
 エリカ・バドゥ。レディの獄中から発する言葉
10082206631_s.jpg
 は効いた。寂しげな演技も良かったしアカペ
 ラもあったし~物語のへそはこの人。ラスト
 の再会にはほっとしたなー。

  原題は「House of D」。分かりやすいけど
 ベタな邦題、何とかならんかな。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
With a little luck
- 2009/08/23(Sun) -
  酒類の出荷量は年々減少する一方でウィスキーは特に低迷して
 いるみたい。確かに「消費節約志向」「健康志向」に加え、飲酒運転
 の厳罰化や未成年への販売禁止等飲酒をめぐる負の部分も影響
 しているだろうしな。
  おかげで(?)各社の消費拡大キャンペーンが賑やか。今回当選
 したのは NIKKA シングルモルト「余市」。BLUE NOTE とコラボで、
 CDと一緒に送られてきた。
  先々月だったかサントリーのハイボールキャンペーンも当選して
 おり、寝つきの悪い日曜夜のナイトキャップに重宝している。サント
 リー様、アサヒ様ありがとうございます。
  応募していたことも忘れていたけれど、ちょっとしあわせな気分。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Sunset, My town
- 2009/08/16(Sun) -
 IMG_1125.jpg IMG_1470.jpg  
  
    今日も一日 ・・・ というより夏休みも終わり。
  しめくくりは鮮やかな夕陽。皮肉なことに夏休みの終わりとともに
  天気は落ち着き、この分だと明日からも安定した天気の模様。
  

IMG_1475.jpg 大空のキャンパスは陽が沈みきるまで見入ってしまう。
Orange, Bright red, Light blue, Indigo, Twilight, Purple ・・・
一言でいうならダイナミック。
 夕陽評論家はすでにいるようだから夕焼け評論家を目指そ。

IMG_1496.jpg IMG_1490.jpg
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
岬めぐり
- 2009/08/09(Sun) -
  神奈川県・真鶴半島の突端、三ツ石。
 干潮時には地続きになっているので海岸から渡ることができるけれ
 ど磯遊びで調子こいていると満潮時には取り残される。実際、そう
 いう人っているのかな。

  正式名は「笠島」らしい。つまりれっきとした島であって、たしかに
 地図をみると満潮時の地形をあらわしている。岬まではクロマツや
 クスが生い茂り遊歩道も設置されていて海岸線ウォーキングだけ
 でなく森林浴も楽しめて○


IMG_1443.jpg  

 両岩に結ばれている注連縄は直径13cm、長さは37mもある
特大スケール。
 西伊豆の夕陽に対して、当然東に位置するので日の出が美しい
のだろうな。「真鶴」とか「湯河原」という地名を聞いただけで何か
喉かな、時間の経ち方がゆっくりとした地域感を連想してしまうのは
ワタシだけ?

 ウィークエンドははっきりとしない空模様、「無人島」に取り
残されないよう早めに退散(笑)
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Light novel
- 2009/08/05(Wed) -
  梅雨が明けたのか明けてないのか、暑いのかそうでないのか、
 夏を味わえない中の、やけくそ晴耕雨読(笑)。
  伊坂幸太郎 「終末のフール」。3年後に小惑星が衝突し地球の
 滅亡を待つ中残された人々の物語、登場人物が少しずつ絡む8つ
 の連作短編集。テーマは限られた時間での生きることの意味。
  作品の冒頭で「今日という日は残された日々の最初の一日」という
 言葉が紹介されている。チャールズ・ディードリッヒという、アメリカの
 薬物中毒患者救済機関の設立者の言葉だそうだ。人は「人生は限
 られている」という思想をそれぞれある時期からより強く意識する日
 がくるのだろうな。
  文庫化で良。ちょっとアンニュイだけどテーマほどは重くなし。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。