スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
閑話休題
- 2009/09/29(Tue) -
 3.jpg 4.jpg

  一年間にオンエアされる CM の総数は約2,000社、銘柄にして
 10,000弱(東京キー5局)。「拒絶反応も反響のうち」という定説
 が生きているとすれば依然何と効果的 CM の多いことか(笑)
  

5.jpg          6.jpg          8.jpg

  市場の活性化には新商品の開発が不可欠だけど CM 界では「定番ブランド」を重要視する企業が多いのも最近の傾向。
そんな中での上半期、この CM は本当に良かった。放映時期と同じ夏の設定だけど撮影は真冬で激寒だったとか。

11.jpg 
    キャストは畑 未夢ちゃん。台詞はなくてもこの表情だけで
   十分でございます。
    ( 続編も見たいなー )

 9.jpg 10.jpg 
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
元代々木町
- 2009/09/23(Wed) -
 IMG_1705.jpg IMG_1708.jpg   
   
   秋分の日、連休最終日は仕事が残っていたので出社。予定よ
  り早く片付いたので、所用で新宿に寄った後、幼少時を過ごした
  代々木上原近辺へ。通っていた西原にある福田幼稚園から上原
  経由で代々木八幡駅まで久しぶりの散策。
  幡ヶ谷の教育大学グランドがあった地は渋谷区立スポーツセンターに、遠くに見える新宿高層ビルの眺めも大きく変わった
けど相変わらず閑静な一帯 ~ また住みたくなるなー。IMG_1730.jpg  

 八幡神社のお祭りにでくわしタコ焼きを買ってお参りした後、母校
富ヶ谷小学校を終点に。ここも一生忘れることのない土地だろう。
 懐かしさと彼岸の中日らしい気持ちの良い一日だった。

IMG_1720.jpg IMG_1726.jpg 
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Only A Northern Song
- 2009/09/15(Tue) -
  いささか旧聞に属するけれど、デジタルリマスター盤の発売で
 CD ショップはビートルズで一色だ。アナログから CD、そして
 リマスターへと既に完結したはずのオリジナルアルバムの再発売
 は所詮レコード会社の商業戦略との批判も聞こえてきそうだけど
 理由がどうであれ、こよなく愛した歴史的名盤・名曲がより高音質
 で次世代に受け継がれていくのはやはり嬉しい。

  遡ること1970年代、当時の東芝EMI (東芝音楽工業)でしばしば
 制作された販促物は非常に充実していて、運がよければレコード
 購入時にもらえる非売品は楽しみの一つでもあった。

IMG_1574.jpg 
 中でも1972年発行の「THE BEATLES FOREVER」と題する小冊子は絶品。EMI 名物ディレクターだった石坂敬一氏(現ユニバーサル
ミュージック会長兼CEO)の約12.000字に及ぶ寄稿は熱のこもった
力作で、奥の深い音楽的解説はビートルズを知る上で最適なものの一つ。(今読み返すとまるで氏のビートルズ卒業論文!)

 かつてエルビス・プレスリーの訃報を聞いた時、いつかファブ・
フォーにもこの日がやってくると瞬間的に思ったものだった。
今、版権はマイケルの手に渡り、残るビートルは二人となった現実
に時代を感じずにはいられない。
この記事のURL | 未分類 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
Choo choo train
- 2009/09/11(Fri) -
  東京・山手線が10月で命名100周年を迎えることを記念し、
昭和30年代当時の車両を模した焦げ茶色の走行を始めた。山手
線は1909(明治42)年10月に当時の鉄道院が、品川―赤羽の
品川線など3路線を合わせて命名し環状運転が始まったのは、19
25年11月ということ。

 幸運にも終電近い有楽町駅にて遭遇した。この「復刻調ラッピング」
電車は12月4日まで1編成のみの運行ということなので乗車できて
ラッキー、決してテッチャンではないけれど思わず撮影してしまった。

  ~ これを機にツキが回ってくるといいんだけどなー。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Trendy ?
- 2009/09/04(Fri) -
  とんでもなく早い時間に目が覚めてしまい寝付けなかったので
 そのまま出勤。朝型の生活になって久しい。特にビジネスマン
 に朝型志向が増えているらしいけど、効率云々よりも最近どうも
 夜のお酒より朝のコーヒー、ネオンより朝陽に快楽を感じる。
  サマータイムは生活様式としては歓迎だけど制度的には横並
 び好きな日本人に実施しなくて正解。電車が混んじゃうし、本質
 からそれた風潮がはびこるのも想像に難くないし。何しろ数年前
 だったか、「スローライフ」のすすめとかいって各マスコミが「先を
 争って」主張する民族だから(笑)
  朝カレーに朝専用コーヒー、商魂たくましき “危険な商品”は
 すでにでてきてるけどね。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。