スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Wanted
- 2012/01/30(Mon) -
  出版や放送のオンデマンドは一定の認知がある
 と認識しているけど、CDのそれはこれいかに。

  昔のアナログシングルを CD 化してくれるサービス
 「MEGーCD」は知らなかった。普通にCDを買う要領
 でキャッシャーに行きタイトルを告げると、その場で
 制作してくれ、写真屋のプリントのごとく20~30分で
 手渡してもらえるというもの。( 勿論ケース入り、ジャ
 ケットや盤は当時のレコードをちゃあんと再現 )

IMG_6696.jpg


 さすがに取扱店舗とタイトルはまだ限られているよう
だけど、銀座山野楽器でブックレットをたまたま手に
取って概要を本日理解したしだい。

 いやー、恐る恐る「あの人は今」を期待していたら
ヒットしました。その後メトロ移動中に一人笑いを
こらえるのに苦労したっけ。とどめにチャダが載って
いたらふいていたな。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Readers
- 2012/01/26(Thu) -
  Appleが誰にでも電子書籍がつくれるツール「iBooks
 Author」を発表しましたね。なんでもOS X10.6.6 以降の
 Macが必用だそうでアプリ自体はダウンロードはできな
 かったけど iPad があれば iBooks2 で閲覧は可能。
  無償版なら iBookStore でなくても配布OKなので
 早速 試しにダウンロード ~ もう色々なサイトで実験的
 に作っているね。

  同社が言っているところの教科書ビジネスはともかく、
 今後やはり電子書籍は「出版社抜き」のセルフパブ
 リッシングへと進んでいくのでしょうか?


IMG_6729.jpg  先日書店POPで知ったのだけれど、「古事記」は
 今年編さん1300年を迎えるらしい。やっぱり書物とは
 距離ではなく時代を通しての伝達、記録としての文化
 なんだな。こうもたやすく「書籍」ができると、「端末
 ユーザー」が「読者」と称するのには幾分はばかる気
 もしますね~。
 
  グーテンベルクの発明から560年ほど、ネットが今後
 「情報伝達」において主役になることに疑いの余地は
 ないのだろうけど、書店のない街なんてとても想像
 できないね、ひまつぶし読書家には(笑)
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
This One
- 2012/01/18(Wed) -
   周辺が皆スマホになりつつある、取り残されてる
  なぁ。思い返せば仲間内で携帯電話を最後まで
  持たなかったのも自分だったような、トホホ。
 
   そんなデジタル・ラガード必殺デジタルグッズ2点。

   ← ① モバイル充電バッテリー mobile VOLTAGE
      たった40gなので鞄に忍び込ませておくとイザ
      という時に便利。全キャリア、ポケットWiFi、
      PSP、ニンテンドー3DS に対応。


IMG_6691.jpg

   ② iPad2ワイヤレス充電器 AIR VOLTAGE →
    iPad2をスタンドに置くだけで、コネクタなし
    ワイヤレスで充電できるのでデスクに配備。
    PC と同期も可、USB の充電コネクタ部が
    傷まないのも〇

    どちらもスマホ用手袋に勝るスグレモノ。
    どーだ、まいったかあ!
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Miss you
- 2012/01/13(Fri) -




20120017.jpg


20120016.jpg

             やっぱタイトルは、Close your eyes ・・・ だったな。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Traditional wit
- 2012/01/11(Wed) -
 今日は鏡開き、お正月行事もこれで一段落だね。

 子供の頃は鏡餅をいつ食べれるのかいつも気に
なっていた。やがて大人になると、信仰心というものが
まるでない日本人がなぜ徳川の頃からの行事を律儀に
守り続けているのかと、今も不思議でしかたない。

 夕方帰社するとデスクにお餅の分け前。しきたりに
従えば刃物を使ってはいけないはずだけど、しっかり
切り餅タイプに。気になってまた夜も眠れなくなって
しまうから如何にして切ったか訊くのはやめとこ(笑)
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Happy New Year 2012
- 2012/01/07(Sat) -

図2

 
               遅ればせながら新年あけましておめでとうございます。
              毎年、なぜか会社の年賀状は私が作成させられまして(笑)
              そのヴィジュアルラフをそのまま転用させていただきます。

               ただひたすらに突き進むことが許された若き日のスタートと
              違い、歳を重ねるにつれ多少先見性がともなうと物事を逆算
              して見るようになり、時間は有限でこの上なく貴重なものだと
              つくづく思うようになりました。
               でもね、終わりがよければいいじゃん ~ どうやら賀状は
              オッサンの心中がコンセプトに反映されてしまったようです(笑)。
      
               皆様にとってどうか日々が充実した年になりますように。
              今年も一年お付き合いどうぞよろしく。 FOX
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。