スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Never on Sunday
- 2012/07/29(Sun) -
  予期せぬ事に予定変更を余儀なくさせられる
 ことはままあるけど、ハチに刺されるとはまったく
 もって予知不可能アクシデント。 
  背中を一刺し、この歳にして初めての事だったので
 念のため医者を受診、日曜なので近所の当番医を
 探すのにも一苦労だった。幸い毒性は弱いアシナガ
 バチだったので大事には至らずよかったけど、二度目
 のアナフィラキシーショックには一応注意をとの事。

  笑撃的患部をと思ったが自力で撮れない箇所なので
 写真は1720円もとられた診療書。痛い日曜だった(泣)           
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Twinkle twinkle shining star
- 2012/07/25(Wed) -
  @リコーフォトギャラリー(銀座三愛9F) 
  『都会の星』 ~ 小惑星探査機「はやぶさ」
 帰還の写真で有名な東山正宜氏の写真展。

  普段はあまり観ることができない都会の街の
 灯りと空の星が一緒に写された写真の数々。
 比較明合成等の処理がなされているけど、これは
 まぎれもなく天体がおりなす究極美。作品毎に
 添えられた石井ゆかりさんの言葉も写真を一層
 魅力あるものにしていて秀逸だ。


 
IMG_7881.jpg 都会がなかった太古の人々はきっと満点の星を
観ることができたんだろうな。しかし地球が自転を
しているこうした証しは、文明・学問なしでは見る
ことができない。また夜空の星は、実際は何億年
も昔の星を見ている事実も当然知りえなかった。

 断じて、大宇宙のロマン・真に夢のある話って
ギリシャ神話や星占いなんかではなく、自然科学、
真理の探究にこそあるのだと思うのだけどなあ。
写真・天体好きの人是非。7/29まで、入場無料。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Sunny one so true
- 2012/07/11(Wed) -



今朝の浦和、貴重な太陽の延長は今日までのよう。
突然現れたこんなエッジの効いた雲には、やがて到来する猛暑に
体を慣らしておくように、という解釈の方がいいのかもしれないな。

頭によぎるのは、TUBE の「シーズン・イン・ザ・サン」か、Janis Joplin の
「Summertime」か。連鎖するイメージだけで夏の色は一転する。


IMG_7523.jpg

とかく人は勝手な思い込みで物事を判断してしまいがちなわけで、
イメージだけで排除したり、時に些細なミスに正義感を振りかざしたり。
こんな昨今だからこそ、もっと他者に寛容にならなくては。

数多のカラスたちがひしめいていた。せめて街を汚さなければなあ ・・・
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
TV Watch
- 2012/07/03(Tue) -
IMG_7723.jpg テレビを視ながら手元の端末(スマホやタブレット)
を操作することは、マーケティング用語で “ ダブル
スクリーン ” と呼ばれる。詳しい統計データは省く
けど、ドラマにせよスポーツにしろ、多くの人と
オンタイムの感動を共有するこの視聴スタイルは
もうすっかり定着しているみたいだね。

 同時にこの事象は、ネットをしている時間が長い
からといってテレビを視る時間が決して減っている
わけではないことと、テレビは「ながら」で視る
ハードルの低いメディアであることを意味している
のかもしれませんね~。

   『 SONG TO SOUL 』/BS-TBS火曜 23:00 は
 とても好きな番組。副題どおり毎週スタンダード
 な名曲を、成り立ちなど当のアーティストの現在に
 綿密な取材をする濃厚音楽ドキュメ。時折、登場
 するミュージシャンが当時自分たちの音楽を批評
 した評論家を逆批評したりするのも実に興味深い。

  良書が注意散漫を呼び起さないのと同じく、没頭
 できる番組とは視聴深度の問題なのであって、
 テレビに限らずこれ、キラーコンテンツの根幹だと
 思う。BSにはまだまだ期待だ、テレビガムバレ ! 
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。