スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
McCartney On The Run
- 2013/11/21(Thu) -

IMG0799.jpg

@東京ドーム ~ ポール・マッカートニー日本公演(最終日)。 ここ最近はフュージョン系
あるいは落ち着いたライブハウスが多かったので久しぶりの大規模ロックコンサートだった。


IMG0825.jpg  伝えられていた様に、セットリストは半数以上が
 ビートルズナンバーから。これだけのキャリアと楽曲
 の多さを考えればもはや聴けない曲の方が多いのは
 自明の理。今回はある意味余計な期待をせず、眼の
 前で繰り広げられる“名曲”にただただ浸るのみだ。   

  途中、ジョージ、ジョン、リンダに捧げる曲を、そして
 意外だったけど、ジミ・ヘンドリックスの『Foxy Lady』
 まで自身の曲にメドレーで繋げていた。追悼と感謝 ~
 なんだか円熟というよりいよいよポールも最終章を
 視野に入れ始めたのかなとも感じ取れたのだが。


IMG0818.jpg 不鮮明ながら写真右は恒例 『Live And Let Die』 の
爆発。毎回の公演に欠かさない世界基準の定番は全て
演り、『Yesterday』の独唱も、5万人の『Hey Jude』の
合唱も感涙ものだけど、個人的にはライブにおいては
アビイ・ロード・メドレーが一番好きだ。(そもそもはリハ
ーサルでポールが演奏したところ、若きエンジニアが
感激のあまり涙ぐんだのがセトリにした発端だったとか)

 「君はその重荷をこれからずっと背負っていくのだ」
~ 「得られる愛は与える愛に等しい」というビートルズ
最後のメッセージは永遠のバイブルなのだ。


IMG0836.jpg

コンサートは午後10時にまで及んだ。果てしない余韻を残してくれ本当に夢のような時間だった。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<Fallen leaves | メイン | TOHO CINEMAS Ⅱ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://00fox.blog40.fc2.com/tb.php/442-739935f6
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。