スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Taste of summer
- 2014/06/20(Fri) -

 四季それぞれの良さを味わおうと少しは意識しているのだけど、少なくとも東京とその近郊では “夏らしく”
というイメージがさほど浮かんでこない。夕立という趣きある言葉はゲリラ豪雨に置き換えられ、団扇片手に
どこからか蚊取り線香の匂い、 という夏の思い出にこの先はたして、どれだけ浸ることができるのだろうか。

 はや明日は夏至。いうまでもなく北半球では一年を通し昼が最も長い。冬至にはカボチャを食べる習慣
が一般的なのに夏至は地方によってさまざまのようだ。この日、根室の日の出は3:37、那覇の日の出
5:38。名曲『知床旅情』の歌詞にある “白夜は明ける”というのは、はまなすの咲く頃、八月の事だ。


IMG1650.jpg

狭い国内においても時差が2時間もあるこのドラマに感嘆し、何年も前になる
けど、元日各地の日の出時間を調べ会社の年賀状にしたことがあったっけなぁ。


IMG1635.jpg

梅雨の晴れ間、栄えあるさいたまの日の出。夕焼け評論家としては沽券にかかわるが(笑)


IMG1657.jpg

そして南半球、日本の真裏ブラジルでは熱き戦い。午前11時にはもう号外が配られていた。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<Ghosn With The Wind | メイン | 6月6日>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://00fox.blog40.fc2.com/tb.php/462-a39326bc
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。