スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
An Old Boys' Association
- 2016/03/07(Mon) -
  「余人をもって代え難し」という言葉がある。他の人では
 誰も代わりが出来ないそれくらい重要な人だというような意味
 だったと思う。その人がいなくては仕事が回らないことなど
 あってはならない会社組織においては時に無能さを指摘する
 ためにも使われるけど普通は賞賛の意を表すはずだ。
  ( かつて石原前都知事がトーキョーワンダーサイトで
 「ただでほかの人間にやらすわけにいかなかったので
 (仕方なく息子にやらせた)」という意味あいで使っていた
 のには驚いたものだったけど・・・)

   ちょっとこの言葉にこだわりたかった。


IMG2775.jpg 
 先週金曜夜は大学同期の飲み会だった。
ちょうど昨年の今頃会したメンバーに、おそらく30年ぶり
に会う輩を一人くわえた4人での懐かしい再会となった。
 正直、話していて歳をとったなというよりも、それぞれの
個性を再認識していた。当時はたぶん、類は友を〜 の軸に
沿った価値観でお互いを見ていた、あるいはまだそれを
感じ取るだけの眼力・感性を単に持ち合わせていなかった
せいもあるだろう。皆が同じ大学生という身分にくるまれ
ていた四半世紀前にはちょっと見えなかったものを垣間
見たような気がした。
 

IMG2778.jpg  キャンパスを出て、多くの経験を経て様々な嫌な思いや
 痛みを感じた後その断層から抜け出てみると学生時代など
 さして思い悩むこともない時代だったとは、同窓会できっと
 多くの人が思い抱く感慨だと思う。他の誰をもっても代える
 ことはできない個性の持ち主、会いたいと思わされる同級生
 とはきっとそういう存在なんだろう(であってほしい)

  今回30年ぶりに会うKとは宴席の前に歌舞伎座前で
 落ち合った。交差点方面から歩いてきた彼を迷うことなく
 見つけることができた。
  電話で “前情報” を聞いておいてよかった(笑)
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<Baby Come Back | メイン | Born to Run>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://00fox.blog40.fc2.com/tb.php/505-ef7bd678
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。